Basilico Garden

~ 南カリフォルニアの太陽を浴びて育つ果物たちの物語 ~

ザクロが開花

数週間前よりポツリポツリとザクロの花が咲き始め、その後、それに追従するように一気に蕾が付き始めてきました。

ザクロは葉がかなり出てから徐々に蕾が膨らんでくるので、蕾が出るまではいつも少ないなぁ、大丈夫かなぁとつい心配しがちだけれども、そんな心配も払拭され、今年もたくさん花を咲かせてくれそうでひとまず安堵したところです。

どれだけ実るかはまた次の課題。柑橘系に比べてザクロは花に寄ってくるミツバチが少ないような気がするけど、これも気のせい?

ザクロの花と蕾

今年も順調に育っている茗荷。小さな鉢一つから3年でここまで増えました。

茗荷

カリフォルニアの日系スーパーで茗荷は売られていますが、昨今のインフレで価格は益々上がり、最近では3個1パックがなんと10ドルほどします。

スーパーの棚の前で立ち止まり、「薬味に10ドルか …」と頭の中で呟いてしまうのは常のこと。

家庭菜園で育てている作物の中では断トツに費用対効果の高い茗荷。あー夏が楽しみ。

「いいね!」と思ったらワンクリックで応援よろしくお願いします♪
  • にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
  • にほんブログ村 花・園芸ブログへ
  • にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント(返信)を残す

Related Post- 関連記事 -

  • 一実百花といわれるザクロの結実

    オレンジやレモンなどの柑橘系と比べて遥かに結実率が低いザクロ。 たくさんの花を咲かせながら花が終われば次から次へとその花を落とすので、「一実百花」と言われているんですね。納得です。優に百個以上の花を落として、やっ……
  • 成長のために花は摘むべきなのか

    昨年挿し木にしたザクロの枝は結果6本根付き、今春、それぞれ勝手気ままにその枝から新梢を伸ばしています。 一株が花を咲かせました。嬉しかったのでそのままにしていますが、気がつけば一番大きかったはずのその株は……
  • 庭の様子 – 6月20日

    今日は夏至の日。一年で最も日照時間が長い日です。日没は8:08 PMだそう。 このところ混み合った果樹や植木の軽剪定に勤しんでいました。それで終わればいいのですが、特にこの時期はつい挿し木をしてみたくなってしまい……
  • バナナはいつになったら花を咲かせるのだろう

    2年前に植えた2本のバナナは、今6本にまで増えました。 気が付くと根本より子株がひょっこり顔を出していて、あっという間に大家族になった感じです。 つい「バナナの木」と言ってしまいますが、実はバナナは……
  • 週末のガーデニング

    しかしこの時期、庭仕事は毎日やるべきことが次から次へとあるものです。 頭の中にあるTo Doリストが散乱していて、それを緊急度順に「あ、これは今日中にやらねば」という具合にこなしている感じです。 週末は、そ……
  • バナナの新芽

    バナナに水やりをしていたら、またまた新芽が出ていました。7本目の木(草)です。 このペースでいくと、広々と余裕をもって庭の一角に作ったバナナのエリアもすぐにぎゅうぎゅうになりそう。 しかし地下茎はすこぶる元……