Basilico Garden

~ 南カリフォルニアの太陽を浴びて育つ果物たちの物語 ~

これがバナナの止め葉なのか

バナナの止め葉(flag leaf)

バナナはいつになったら花を咲かせるのだろう」の投稿から一ヶ月半。あれから、毎週のように一枚一枚出てくる新しい葉を眺めながら、「また葉っぱか…」と落胆する日々でした。

ところが、なんと今回出てきた葉がとても小さいのです。通常、葉の長さは1.5mほどなのに、その3分の1ほどしかありません。

明らかにこれまでとは違う葉っぱに、これは何かのサインに違いないと確信し、調べてみたらやはり「止め葉(flag leaf)」というバナナの成長が最終段階に達した証でした。

止め葉が出た後、バナナは花芽を形成し始めるので次は苞が出てきます(出てくるはずです)。

バナナの成長過程について調べていて知りましたが、この止め葉が出る前に、実はバナナは「もうそろそろだよ」というサインを既に出していたんですね。

それは、葉柄の間隔です。

写真に写っている一番下の葉から次の葉まで間隔が空いていますが、この時期は栄養成長期。その後、葉柄の間隔が狭まっていますが、これはバナナが栄養成長期から生殖成長期に移行している際の兆候です。

そんなことがわかって、次からは待ち遠しさに駆られることもなく、でんと構えてバナナの成長を見守れそうです。とにかく今は、苞が出てくるのが楽しみで仕方ありません。

「いいね!」と思ったらワンクリックで応援よろしくお願いします♪
  • にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
  • にほんブログ村 花・園芸ブログへ
  • にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント(返信)を残す

Related Post- 関連記事 -

  • ついにバナナの苞が出現

    まちに待ったバナナの苞がついに出てきました。 バナナに関する一つ前の投稿「これがバナナの止め葉なのか」の中で “止め葉” について書きましたが、その時の小さな葉は止め葉ではなかったようです。 苞が出現してき……
  • バナナはいつになったら花を咲かせるのだろう

    2年前に植えた2本のバナナは、今6本にまで増えました。 気が付くと根本より子株がひょっこり顔を出していて、あっという間に大家族になった感じです。 つい「バナナの木」と言ってしまいますが、実はバナナは……
  • バナナの新芽

    バナナに水やりをしていたら、またまた新芽が出ていました。7本目の木(草)です。 このペースでいくと、広々と余裕をもって庭の一角に作ったバナナのエリアもすぐにぎゅうぎゅうになりそう。 しかし地下茎はすこぶる元……